• お知らせ
  • オリジナル
  • 制作事例
  • ◁◁ 戻る
    着物で襖をデザインする

    a0074879_4333446 a0074879_5391277

    この本間2枚立てと一間半4枚の襖の張り替は仮名書道作家からのご依頼です。
    30年お付き合い頂いている女流書家・中本桃水先生のアトリエの襖です。
    古い着物を用いてデザインしたのですが、書家のアトリエなので「運筆」をコンセプトにしました。
    身体全体の動きが筆先に現れる。
    筆先を介して身体の動きが現れる。
    腕で書いているのでは決してない。
    うねる身体、止まり、また動き出す、紙面に激しくぶち当たり大きく変形する筆先、あるいはその反動を受け留める、刹那、空間と時間の飛躍・・・・・・・。
    書道独特のとしか言いようのない‘動き’をデザイン出来たらという思いで仕上げました。