◁◁ 戻る
6ヵ月!

ご無沙汰しております。

定期的な更新が続けられません…今回はガンバリマス!

今日は洗い・染み抜きの実例ご紹介です。

三島由紀夫の色紙で、全体にこれでもか!というほど染みが来ています。

P1190250

染みの強度(というのか)などにもよりますが、ここまでになっていても

しっかりきれいにする事ができます。

 

焦らずじっくりと慎重に対応致しました。

結果です。

image1

 

お客様いわく、実は他のお店で洗いを頼んだら(安かったとの事)、戻ってきたのが最初の写真の状態だったらしく

仕上がりに非常に満足して頂けました。

元々は洗いの予定だけだったのですがそのまま額装までご依頼下さり、お客様と話し合いを経て

完成したものがこちらです。

image2

外枠と内面金には黒を基調に金泥を混ぜたものを使用しました。

色紙の「清明」に見合う、力強さと美しさの両立した良い仕立てになったと思います。